漫画ネタバレ

「さるまね」1巻のネタバレと感想!人間の動きを真似する猿?!

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

時は江戸時代

絶滅の危機に瀕する人間!

人間の脅威となったのは

森に生息する猿だった!

 

 

【さるまね】は

ebookjapanで各巻ごとに無料で試し読みができます。

まずは無料で読んでみてください♪

「さるまね」の試し読み♪

↓ ↓ ↓ コチラ ↓ ↓ ↓

>>>試し読みをしにいく<<<

 

「さるまね」1巻のネタバレと感想!人間の動きを真似する猿?!

「さるまね」1巻のネタバレ

舞台は江戸時代(天明三年)の秋田藩領北部にある集落。

主人公の可畏(かい)は狩りを生業とし、家族と平凡な日々を過ごしていた。

ある日の夜、悲壮感を漂わせ、やつれた顔の男が助けを求めてきた。

可畏は何でこの村に来たのか尋ねるが、男は答えたくないのか言葉を濁す。

家族が寝静まった後、物音が聞こえてきた。

可畏は扉を開けると、男が盗み食いをしていた。

男は可畏の顔を見た瞬間、頭を抱えて「奴らに見られたら終わりだ」と呟く。

可畏は何があったのか教えてくれと言うが、男は何も答えず逃げ出した。

すると、逃げ出した男が何かを見て叫び声をあげた。

奴らが来やがった!!

可畏は恐る恐る扉を開けると、狩猟仲間のアグニと嫁の由良がたちに襲われていた。

包丁で猿たちを切り刻もうとするアグニ。

しかし、猿たちは石を投げつけ、アグニから包丁を奪う。

アグニは使えもしないくせにと呟きながら、包丁を奪った猿に近づく。

すると、猿はアグニの喉元に包丁を突き刺したのです。

石を投げれば投げ返す、刃物を使えば刺される。

猿は人間の動きを模倣して学んでいく化け物だった。

人間の動きを学ぶ猿相手に、可畏は村人を守れるのか!!

人間VS猿の命を懸けたバトルが始まる!!

「さるまね」1巻の感想

人間の動きを模倣できる猿相手に何もできないことが恐ろしいです。

猿の前では武器を使うことができません。

武器を使わずにどうやって追い払うのか!

このままでは、人間は絶滅するのではと思ってしまいます。

可畏は猿から集落を守れるのか!

今後の展望に注目です!

「さるまね」の試し読み♪

↓ ↓ ↓ コチラ ↓ ↓ ↓

>>>試し読みをしにいく<<<

「さるまね」の試し読み!

今回紹介した「さるまね」は、ebookjapanで読むのがお得です。

ebookjapanの初回登録者には、6冊70%OFFで読めるクーポンが配布されます!

「さるまね」は、現在2巻まで配信されており、ebookjapanなら全巻半額で読むことができますよ♪

 

月額料金がかからず、会員登録は無料なので、

余計なお金を払わず安心してご利用できます♪

「さるまね」は、ebookjapanで読んでみてくださいね♪

 

「さるまね」の試し読み♪

↓ ↓ ↓ コチラ ↓ ↓ ↓

>>>試し読みをしにいく<<<

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-漫画ネタバレ