漫画ネタバレ

「さるまね」2巻のネタバレと感想!鬼気迫る集落!

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

時は江戸時代

絶滅の危機に瀕する人間!

人間の脅威となったのは

森に生息する猿だった!

 

 

【さるまね】は

ebookjapanで各巻ごとに無料で試し読みができます。

まずは無料で読んでみてください♪

「さるまね」の試し読み♪

↓ ↓ ↓ コチラ ↓ ↓ ↓

>>>試し読みをしにいく<<<

 

「さるまね」2巻のネタバレと感想!鬼気迫る集落!

「さるまね」2巻のネタバレ

可畏(かい)の息子の宇陀(うだ)は、猿の前で銃を使ってしまい、猿は銃の使い方を覚えてしまう。

猿に銃を使わせないために、可畏は村にある全ての銃を集め壊すことにする。

可畏は嫁の水分(みくまり)が銃を置いている小屋に隠れていることを思い出し、急いで小屋へと向かう。

すると、狩猟仲間のバラタから銃声が聞こえてきたが何か知っているかと尋ねられた。

可畏は村の銃を全て壊すと言うと、バラタは村人全員を飢え死にさせる気かと怒る。

言い合いをしている二人をよそに、屋根裏に潜んでいた猿がバラタの銃を奪う。

打ってくるぞと忠告する可畏に対し、そんなわけないだろと飽きれる村人たち。

猿は狙いを定め、村人の一人を打ち抜いた。

銃を使いこなせるようになった猿たち。

果たして、可畏は銃を使いこなす猿相手に村人たちを守れるのか!!

「さるまね」2巻の感想

とうとう猿たちは銃まで使いこなせるようになりました!

ヤバイですね!

絶体絶命のピンチです。

村人全員で協力して乗り越えないといけないのに、ここにきて裏切り者が出てきました。

裏切り者は何か良からぬことを考えている模様。

悲惨な展開が待っているのではないかと怖くなってきます。

次の3巻に期待です!

「さるまね」の試し読み♪

↓ ↓ ↓ コチラ ↓ ↓ ↓

>>>試し読みをしにいく<<<

「さるまね」の試し読み!

今回紹介した「さるまね」は、ebookjapanで読むのがお得です。

ebookjapanの初回登録者には、6冊70%OFFで読めるクーポンが配布されます!

「さるまね」は、現在2巻まで配信されており、ebookjapanなら全巻半額で読むことができますよ♪

 

月額料金がかからず、会員登録は無料なので、

余計なお金を払わず安心してご利用できます♪

「さるまね」は、ebookjapanで読んでみてくださいね♪

 

「さるまね」の試し読み♪

↓ ↓ ↓ コチラ ↓ ↓ ↓

>>>試し読みをしにいく<<<

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-漫画ネタバレ