スポーツ漫画 漫画

「シャドークロス」対人恐怖症の主人公が競技ダンスに挑戦する物語!!【感想・レビュー】

人前でダンスを踊れたらどれだけカッコイイだろうか。

今回紹介する「シャドークロス」は対人恐怖症の主人公・赤城冬実(セキジョウフミ)がパートナーと踊る競技ダンスの世界に挑戦する物語です。

本記事では「シャドークロス」の感想や魅力について話しています。

最後まで読んでいただけると、「シャドークロス」がどういった漫画なのか分かります。

ゆう
最後まで読んでください!

 

 

シャドークロスのあらすじ

「独り」が集まる街・東京。

スーパーのレジ打ちで働く赤城冬実(セキジョウフミ)は、対人恐怖症のため「他人」に触れることができない。

けれど「誰か」との出逢いを強く求めていた。

上京し、髪を染め、接客業に勤める、傷付き、振り払われた手を諦めずに出し続けた冬実の元へ現れたのは、相棒不在のダンス・スポーツ選手、長尾忍(ナガオシノブ)。

男女の影が交差した瞬間、音楽は鳴り、火が灯るー。 ”ふたり”が繋ぐ”ひとつ”の人生、歓びと解放のダンス・ストーリー!!

ヤングジャンプ作品紹介より引用

 

シャドークロスの基本情報

掲載雑誌 週刊ヤングジャンプ
連載開始 2020年11月
作者 スガワラエスコ
巻数 既刊1巻(2021年5月現在)

 

 

シャドークロスの感想と魅力

競技ダンス

この漫画は競技ダンスを描いた作品です。

競技ダンスを知らない方は多いと思うので、解説します。

競技ダンスは踊りの強さスピード表現力を競い合うスポーツです。

社交ダンスとの大きな違いは、「スポーツ」であり、「競技」であること

また、パーティーで踊る社交ダンスとは違い、ダンスの質を競い合うスポーツであるため、1度パートナーを組むと簡単に相手を変更することはできません。

 

対人恐怖症の主人公(ネタバレ注意)

スーパーで働く赤城冬実(セキジョウフミ)は、幼い頃のトラウマが原因で対人恐怖症になってしまい、他人に触れることができませんでした。

ある日、スーパーの屋上で華麗に踊るダンススポーツ選手・長尾忍(ナガオシノブ)に出会います。

一緒に踊ってみないか、と誘われ、咄嗟に手を握られます。

他人に触れることができない冬美だったが、なぜか忍の手は触れることができました。

冬美は忍と踊ったときの高揚感が忘れられず、忍の相棒として、ダンスの世界に足を踏み入れるストーリーです。

「シャドークロス」1話より引用

この漫画の魅力は、縮こまって生きていた冬美がダンスに出会って、目の前が開けていくようなところにあります!

対人恐怖症のせいで、冬美はなかなか上手く接客ができず、上司に怒られる毎日でした。

そんな冬美がダンスの楽しさを知り、本気で人生を変えようとしている姿に胸が熱くなります。

ずっと暗い人生を送っていても、ちょっとしたことがきっかけで、人生は明るくなる!

対人恐怖症の冬美がダンスと出会ったことで、どんな人生になるのか今後に期待です!

 

感想

1巻では冬美が忍に出会いダンスに挑戦するまでが描かれており、まだダンスシーンが少ないため、面白くなるのはこれからといった印象です。

この漫画には「ボールルームへようこそ」、「ワンダンス」のようなめちゃくちゃ面白い漫画になって欲しいと思っています。

「ボールルームへようこそ」、「ワンダンス」を読んでいない方はぜひ読んでください!

この2作品を読んでいない方は人生損してますよ

レビュー記事
「ワンダンス」がマジで面白い!圧倒的表現力で描かれたダンス漫画【感想・レビュー】

続きを見る

 

今後、激しくてカッコいいダンスシーンや魅力的なライバルが登場すれば、ますます面白くなる思います!

どんなストーリー展開になるか今後に注目です!

 

まとめ

以上、「シャドークロス」の作品紹介でした。

気になった方はぜひ読んでみてください!

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆう

社会人1年目のサラリーマン。 当ブログでは主に面白い漫画を紹介しております。 気軽に読んでください!!

-スポーツ漫画, 漫画

© 2021 遠回りブログ Powered by AFFINGER5