日常・非日常系漫画 漫画

【無法島1巻】ネタバレと感想~凶悪犯達の究極のサバイバル~

無法島1巻のネタバレ

舞台は死刑に相当する凶悪犯が収容された、法律が存在しない無法島

凶悪犯64名が無法島に到着すると、すぐに強姦と略奪が始まります。

 

主人公のカイトは冤罪(えんざい)で無法島に送り出され、目の前で起こっている異常事態に戸惑いながらも、襲われていた美空(みそら)を助け、その場から離れます。

美空は白刃の魔女と呼ばれる連続殺人犯で、5人の若い男を殺した経験があった。

しかし、美空は他の凶悪犯と違い、人殺しが好きではない。

にもかかわらず、殺人を犯さなければならない悲しくてつらい過去があったのです。

1巻は白刃の魔女・美空の過去の話に焦点が当てられています。

 

カイトはピッチャーで甲子園を目指すほどの野球少年でしたが、怪我で挫折した過去がありました。

野球経験を活かして、再び美空が襲われた時、石を投げて敵を撃退します。

カイトは美空に好意を持ち、美空に人間の心を取り戻して欲しいという思いから、美空と一緒に過ごすようになります。

 

無法島1巻を読んだ感想

人間の欲望は恐ろしいと感じさせられる作品でした

無法島に到着後、すぐに輪姦や略奪が行われる様子は本当に悲惨的。

法律がなければ、何をしても許されると考える人間の心理を見事に表現しており、見応え抜群です!

そして、1巻で大きく焦点が当てられた、本作のヒロインとされる白刃の魔女・美空の過去は読んでいて非常に辛かった。

殺人によって人間の心を失い、まるで人形みたいになった美空が、主人公・カイトによってどのように変わっていくのかが楽しみです。

無法島でのサバイバルで誰が生き残っていくのか今後に期待!

 

無法島の試し読み

 

【無法島2巻】ネタバレと感想~揺れ動く美空の心~

続きを見る

 

-日常・非日常系漫画, 漫画

© 2021 遠回りブログ Powered by AFFINGER5