日常・非日常系漫画 漫画

「数学ゴールデン」数学に青春を捧げる高校生の熱すぎる漫画【感想】

数学は様々な分野で用いられ、誰もが義務教育で習う学問。

しかし、数学に魅力を感じ、数学にのめり込んだ人間はほとんどいないだろう。

今回紹介する「数学ゴールデン」は、数学好きの主人公・小野田春一(おのだはるいち)が仲間と競い合いながら、数学オリンピックを目指す物語です。

今まで数学の魅力や楽しさに気付けなかった人は、「数学ゴールデン」を読めば「数学っていい学問だな」と思わされます。

本記事では「数学ゴールデン」の感想や面白さを解説します。

それでは、早速行きましょう!

 

数学ゴールデンのあらすじ

あらすじ

小野田春一(おのだはるいち)は数学超難問を解き競い合う大会・数学オリンピックに出場することを夢見ていた。

高校に進学すると、ちょっと変わり者で数学好きの女子・七瀬マミに出会う。

二人は数学を競い合うライバルとしてお互いを高め合い、数学オリンピックを目指します。

数学好きの高校生達が繰り広げる熱い青春物語が始まる!!

 

数学ゴールデンの基本情報

掲載雑誌 ヤングアニマルZERO
連載開始 2019年9月
作者 藏丸竜彦
巻数 既刊2巻(2021年5月現在)

 

数学オリンピック

数学オリンピック

  • 数学オリンピックは世界各国の高校生以下の数学好きな生徒を選抜し、数学を競い合う大会。
  • 日本代表の数学オリンピックの出場者はたったの6名しか選ばれない。
  • 毎年1月の予選、2月の本選、3月の春合宿の成績をもとに選手が選ばれる。

 

数学ゴールデンの面白いところを解説

数学に青春を捧げる高校生

主人公の小野田春一(おのだはるいち)は、入学式で数学オリンピックに出場することが目標である、と宣言するほど大の数学好き。

数学オリンピックを目指せるレベルなので、春一は数学の天才だと思いきや、数学のセンスはあまりない

数学オリンピックを目指す他の生徒と自分を比べて挫折することも。

それでも、誰にも負けないくらい数学が好きなので、凡人ながら天才達に勝負を挑みます。

主人公が天才型ではなく、好きなことを突き詰める努力型であるところがこの漫画の魅力

例え辛いことがあっても、前を向いてひたすら突き進む春一の姿はカッコイイ!

数学ゴールデンはただ数学を解くだけの漫画ではなく、数学に青春のすべてを懸けて挑む主人公の姿が描かれていて、スポーツ漫画かと思うほど熱い!

数学ゴールデン1巻より引用

春一の数学に懸ける思いが、読んでいてビシビシ伝わってきます。

数学を題材にしながらも、挫折・嫉妬・友情・努力など青春の要素すべてが詰まっている漫画です

数学の面白さ

普段学校で習う数学はパターンを覚えた者が有利になる引き出し勝負。

やり方さえ覚えておけば、良い点数がとれる教科で勉強したもん勝ちです。

だから、学校の数学はつまらなく感じてしまう。

対して、数学オリンピックに必要なのはぶっ飛んだヒラメキ!!

「ああでもない、こうでもない」といろいろな角度から問題を攻略していき、最後に行き着いた一瞬のヒラメキが難問を撃破します。

その瞬間は何よりも気持ちがいい!

超難問数学は出題者と回答者がグローブ無しで繰り広げる真っ向勝負の殴り合いで、面白くないわけがない

数学ゴールデンを読んでいると、数学は奥が深くて本当に面白い学問だと気づかされます。

 

数学ゴールデンの感想

数学が題材なので、読む前までインテリのイメージが強く、まさかこんなにも熱くて面白い漫画だと思いませんでした。

青春漫画としての面白さもあり、なおかつ数学の魅力を分かりやすく表現していて、非常に良くできた漫画だと思います!

大人の方でも楽しめますが、僕的には今数学を勉強している中学生・高校生にぜひ読んでほしい作品です。

数学を勉強している学生時代に「数学ゴールデン」に出会いたかった!

 

まとめ

以上、数学ゴールデンの紹介でした。

数学に詳しくない方でも全然楽しめる漫画ですよ。

気になった方は読んでみてください!

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆう

社会人1年目のサラリーマン。 当ブログでは主に面白い漫画を紹介しております。 気軽に読んでください!!

-日常・非日常系漫画, 漫画

© 2021 遠回りブログ Powered by AFFINGER5