ファンタジー漫画 漫画

マンガワンで連載されている「血と灰の女王」っていう漫画が面白い!

「血と灰の女王」という漫画をご存知でしょうか?

マンガワンで連載されている漫画なのですが、Web漫画と思えないほど面白い漫画です。

ヴァンパイアたちの戦いを描いた漫画で、ダークファンタジー的なバトル漫画です。

今回は「血と灰の女王」を紹介します。

ダークファンタジー漫画「血と灰の女王」

「血と灰の女王」は2017年からマンガワンで連載が始まりました。

2020年6月現在で単行本が10巻まで発売されています。

マンガワンの中ではかなり面白い漫画で、しかも王道のバトル漫画です。

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

まずは簡単なあらすじから紹介していきます。

簡単なあらすじ

舞台は富士山が噴火して4か月が経った日本。ある日、主人公の佐神善(さがみぜん)はたった一人の親友をヴァンパイアに殺される。富士山の火山灰を浴びたことによって善はヴァンパイアにななり、親友を殺したヴァンパイアを殺し復讐を果たす。富士山の噴火により、ヴァンパイア同士が互いに殺し合って、一番強いヴァンパイアを決める戦いが勃発し、善も参加することになる。

魅力

能力系バトル

血と灰の女王はヴァンパイア同士のバトル漫画です。

ヴァンパイアは日中は人の姿をしているのですが、夜になるとヴァンパイアの姿に変身して、ヴァンパイア同士のバトルが始まります。

ヴァンパイアはそれぞれ能力が違います

主人公の善は回復能力が高く、分裂体を作る能力があります。

他にも電気を放電させる能力や、加速能力など様々な能力があって、新しいヴァンパイアが出るたびにワクワクします!

バトルシーンはかなりの頭脳戦で非常に見応えある

善の能力はそこまで強い能力ではないのですが、善は頭を使って、相手の裏を取り、自分の能力を上手く利用して戦います。

能力系のバトルであり、かつ頭脳戦であるので、読んでいて本当に楽しい

真祖たちのバトル

ヴァンパイアの王であるゴアによって選ばれた王候補を真祖と言います。

富士山の噴火が戦いの合図で、真祖たちはそれぞれの部下を率いて、真祖の頂点を決めます。

真祖の頂点になったものが次のヴァンパイアの王になれるのです。

善はドミノという女の真祖の部下となって戦いに参加します。

この真祖たちがめちゃくちゃ強い!!

真祖同士のバトルは異次元でめちゃくちゃ面白い!

今確認されているのが3人の真祖ですが、実際は4人いるということが分かっています。

実は善が真祖ではないのかと予想しています。

善は一度覚醒したとき異常なほど強くなったからです。

まだまだ、謎が多くて分かりませんが、誰が真祖の戦いを制し、ヴァンパイアの王になるのか楽しみです!

善の優しさ

ヴァンパイアには頭のおかしい奴しかいません。

しかし、善はヴァンパイア同士の戦いで、悪者であっても倒すことを躊躇してしまうほど、優しい心の持ち主です。

善はヴァンパイアになってしまいましたが、ヴァンパイア同士の戦いに参加しなくてもよかったのです。

それでも、この先誰も死なせたくないという思いからヴァンパイア同士の戦いに参加します。

全員を守るという強い意志を持っているからこそ、善はどんどん強くなっていきます。

悪者にも思いやりを見せる善の優しさも「血と灰の女王」の魅力の一つです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

少しでも「血と灰の女王」の面白さが伝わったのなら嬉しいです。

でも、実際に読んでみないと分からない面白さもあるので、この機会に是非読んでみてください!

 

 

-ファンタジー漫画, 漫画

© 2021 遠回りブログ Powered by AFFINGER5