ファンタジー漫画 漫画

今一番面白いジャンプ作品「呪術廻戦」を読んだ感想!

ジャンプで連載されている「呪術廻戦」という漫画をご存じですか?

呪術廻戦は本当に面白い!

今連載されているジャンプの中でも一番面白いと私は思っています。

今回は呪術廻戦を読んだ感想について話していきます。

呪術廻戦のあらすじ

常人離れした身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁(いたどりゆうじ)は祖父に育てられた。病気を患っている祖父は悠仁に「オマエは強いから人を助けろ」という言葉を言い残し亡くなる。
病院の手続きを行っていると、呪術高専一年の伏黒が現れる。伏黒は悠仁に特級呪物・宿儺(すくな)を渡すように迫る。
しかし、悠仁が持っていたのは呪物の呪力が残った空の木箱で、中身である宿儺の指は悠仁の先輩が持っていた。そして、悠仁は今日の夜に学校で先輩が中身のお札を剥がすと言っていたことを伏黒に伝えると、伏黒は慌てて学校に向かった。悠仁も伏黒と共に学校に向かうとすでに宿儺の指の封印は解かれていたため、呪霊が大量に発生していた。伏黒と悠仁は協力しながら呪霊を倒していき、先輩の救出と宿儺の指の回収に成功する。しかし、突如現れた呪霊に不意打ちを食らった伏黒は戦闘不能に陥る。伏黒の代わりに悠仁も素手で呪霊に対抗するが、呪力のない悠仁の攻撃は呪霊に全く効かなかった。そこで悠仁は全員を助けるために宿儺の指を食べる。宿儺の指は特級呪物で普通の人間なら確実に死ぬが、悠仁は宿儺に体を乗っ取られることなく自我を保つことができた。
その直後に最強呪術師の五条悟が現れ、伏黒と悠仁は無事救出される。
その後、悠仁は様々な呪物から人々を守るために、東京の呪術高等専門学校に入学し、呪術を覚えていくのであった。

呪術廻戦の基本情報

呪術廻戦は2018年から少年ジャンプ14号より連載がスタートされました。

2020年6月現在で11巻まで発売されています。

最近のジャンプは新連載の打ち切りが多く、ジャンプで長く連載することは非常に難しいことです。

しかし、呪術廻戦は100話以上も連載されており、人気が物凄く高いです。

なので、もう打ち切りの心配はありません。

そして、2020年の10月から呪術廻戦のアニメが放送されます。

鬼滅の刃はアニメ化で一気に人気漫画になったので、呪術廻戦もアニメ化により、さらに人気が高まると思います。

呪術廻戦の主な漫画賞を紹介します。

結果
全国書店員が選んだおすすめコミック2019 1位
みんなが選ぶTSUTAYAコミック大賞2019 1位
ゆう
この二つの漫画賞で1位を取っている呪術廻戦は面白いこと間違いなし!

呪術廻戦の感想

ダークな世界観

呪術廻戦はジャンプで連載されていますが、明るい漫画ではなく暗い漫画です。

呪霊との戦闘では結構グロイ描写も多く、ダークな雰囲気です。

暗い作品が苦手な人にはお勧めできないです。

しかし、ジャンプのチェンソーマンや東京喰種が好きな人は絶対に好きになる作品だと思います。

呪術バトル

呪術廻戦は呪術を駆使して戦うバトルシーンがめちゃくちゃカッコイイ!!

呪術というのは呪力を術式に流して発動させたものです。

呪力と術式がどういったものか想像するのが難しいですよね。

例えるなら、呪力は電気で術式は家電のようなものです。

呪力だけでは攻撃力は弱く、呪力を術式に流すことで様々な効果を生み出すことができます。

術式は生まれながら体に刻まれているので、使う術式は人によって違います。

なので、新キャラが出てきたときはどんな術式を使うのか本当に楽しみです。

それぞれの術式に合った戦闘方法があり、人によって戦い方が違うというところが魅力的。

ゆう
バトル漫画が好きな人は絶対に読んだ方がいい漫画です!!

主人公・虎杖悠仁

悠仁は明るくて、誰とでも仲良くなれるような性格の持ち主です。

誰かを思いやる気持ちが人一倍あり、正義感が非常に強く、誰よりも命の大切さを理解しています。

本当にジャンプの主人公って感じです。

呪術は使えないが、天性の身体能力で呪霊と互角に戦うことができます。

今のところ呪術は使えないが、悠仁の中には宿儺がいるので、そのうち宿儺の術式が刻み込まれると思われます。

宿儺の術式が使えるようになるのか今後の展開が楽しみです!

評判

まとめ

私は呪術廻戦を読む前まで、呪術っておもんなそうって思っていましたが、実際に読んでみるとこんなにも面白いのか、もっと早くに読んでおけばよかったと後悔しております。

間違いなくこの先ジャンプを背負っていく作品で、文句なしに面白いです!

この機会に是非読んでみてください!

 

-ファンタジー漫画, 漫画

© 2021 遠回りブログ Powered by AFFINGER5