日常・非日常系漫画 漫画

「フールナイト」夜が続く世界を舞台に格差と絶望を描いたダーク過ぎる漫画!【感想・評価】

今回紹介する漫画「フールナイト」は太陽の光が届かない夜の世界で、人として死ぬか、植物となって生き長らえるか、究極の2択が迫られる人間の絶望を描いた作品です。

格差と絶望が浮き彫りになるほど残酷な社会が描かれており、とにかく暗い作品ですが、読み応えは非常にあります。

2021年注目の漫画

未だかつてないほど異彩を放つ作品で本当に面白いです。

僕は2021年絶対に注目される漫画であると確信しています。

「フールナイト」夜が続く世界を舞台に格差と絶望を描いたダーク過ぎる漫画!【感想・評価】

フールナイトの基本情報

掲載雑誌 ビッグコミックスペリオール
連載開始 2021年11月
作者 安田佳澄
巻数 既刊1巻(2021年6月現在)

 

フールナイトのあらすじ

あらすじ

ぶ厚い雲に覆われ陽が差さなくなった遥か未来の地球。
植物が枯れ酸素も薄くなった世界。

しかし人類は、人を植物に変える技術を開発し、わずかな酸素を作り出して生き延びていた。
先の見えない世界でも人として生きるか、苦しみを捨て植物として新たな生へ踏み出すか。

人々は選択を迫られるーー

夜の世界で描かれる格差と絶望(ネタバレ注意)

ぶ厚い雲に覆われ陽が差さなくなった遥か未来の世界。
植物が枯れ酸素も薄くなり、人間は人を植物に変える転花技術を開発します。

転花施術を受けると2年で植物になりますが、国から支援金として1000万円貰えます。

植物になった人間・霊花の言葉を聞くことができる主人公のトーシローが霊花捜索の仕事に就く物語です。

格差と絶望が浮き彫りになった社会で、生きる希望持っている人間はいません

格差と絶望が蔓延する世界で生きるのは辛過ぎるが、転花施術を受けると最後は見るに堪えない姿で死ぬことに。

生きることも、死ぬことも地獄。

生きるべきか、死ぬべきか

もし自分がフールナイトの世界に生まれていたら、生と死のどちらを選ぶことが正解なのか思わず考えてしまいます。

ゆう
内容的に漫画よりも、小説を読んでいる感覚になります。

描写が個性的で凄い

  • 白と黒の使い分け
  • 植物の描き込み
  • 人物の描き方

どれも非常に個性的。

僕はフールナイトの絵がめちゃくちゃ好きです。

さらに、心理描写も凄くて、格差と絶望の中で生きる人々の苦悩や魂の叫びが、痛いほど伝わってきます。

現代社会でも格差は広がっていますが、まだ努力すれば報われる社会だと思っています。

しかし、フールナイトの社会は、格差が生まれながら決まっている感じで、一発逆転は絶対に無いです。

作中で幸せな人は1人もおらず、この世界の果てに希望が描かれるのか、描かれないのか、今後の展開が非常に気になります。

絵の描写、心理描写、どちらもフールナイトの世界に完璧にマッチしており、他に類を見ない作品に完成されています

ゆう
すべての描写がたまらなく好き!

「フールナイト」以外に面白い新作漫画を探している方は、【2021年最新版】絶対に読むべきおすすめの新作漫画をご紹介!随時更新していきます!の記事もぜひ読んでみてください!

フールナイトを無料で試し読み!

お得に電子コミックで読むには?
わたしが、3年間使用し続けているまんが王国がオススメです♪

まんが王国の特徴

  • 月の会員費用を取られない!
  • 無料会員登録で漫画3,000冊が無料で楽しめる!
  • スマホ、PCでも読める!
  • 漫画ランキング100から人気の漫画を発見できる!
  • 最大全巻半額で読める!

まんが王国 で試し読み!!

※「漫画名」で検索すると、無料試し読みができます。

おすすめ電子書籍サービス

まんが王国

  • 無料漫画が常時3000作品以上!
  • 毎日最大50%ポイント還元!
  • 毎日もらえる!日替わり30%OFFクーポン!

まんが王国の公式ページはこちら

ebookjapan

  • 無料漫画が5000冊以上!
  • 割引・セールが多数!
  • PayPay、Yahoo、ソフトバンクユーザーは常に20~30%の還元率!

ebookjapanの公式ページはこちら

U-NEXT

  • 31日間無料トライアル登録で、600円分ポイントをもらえる!
  • 業界No.1の見放題動画作品数で、アニメも映画もドラマも楽しめる!
  • 最大40%のポイント還元!

U-NEXT の公式ページはこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆう

社会人1年目のサラリーマン。 当ブログでは主に面白い漫画を紹介しております。 気軽に読んでください!!

-日常・非日常系漫画, 漫画

© 2021 遠回りブログ Powered by AFFINGER5