ラブコメ漫画 漫画

ジャンプ新連載「アオのハコ」は面白いのか?実際に読んだ感想を話します!

今回紹介する漫画は「アオのハコ」です!

ジャンプでは珍しい恋愛漫画で、気になっている方もいるのではないでしょうか。

本記事では「アオのハコ」は面白いのか、また、実際に読んだ感想について話しています。

本記事を最後まで読んでいただけると、「アオのハコ」がどういった漫画なのか分かります。

ゆう
最後まで読んでください!

 

アオのハコの基本情報

掲載雑誌 週刊少年ジャンプ
連載開始 2021年4月
作者 三浦 糀
巻数 既刊0巻(2021年6月現在)

 

アオのハコのあらすじ

あらすじ

舞台は中高一貫スポーツ強豪校、栄明学園。

男子バドミントン部・猪股大喜は、朝練の体育館で毎朝二人になる、一つ上の女バスの先輩・鹿野千夏に恋をする。

青春部活恋愛ストーリーが開幕!

 

ジャンプ新連載「アオのハコ」は面白いのか?実際に読んだ感想!

王道恋愛漫画

主人公の男子バドミントン部・猪股大喜は特にカッコイイわけでもなく、普通といった印象。

大喜は朝練の体育館で毎朝二人になる、一つ上の女バスの先輩・鹿野千夏に恋をします。

千夏はバスケの実力もさることながら、人柄やスター性も兼ね備えた人気選手。

何度か話すうちに2人の距離は徐々に縮まり、仲良くなっていきます。

ある朝、大喜が目を覚ますと、家の中に憧れの千夏がいました。

なんと、親の海外転勤を理由に千夏は大喜の家に居候することなります!

普通の男子が高嶺の花と同居する恋愛ストーリーです!

 

親の海外転勤が理由で居候するところはラノベ感が強いですが、コメディー要素はあまりなく王道の恋愛漫画と言えます。

今までのジャンプのラブコメ作品はドタバタ感のあるスタイルが王道でしたが、アオのハコは落ち着いていて読みやすいです!

部活を絡めた青春漫画で、眩しいと思ってしまうほど青春を感じることができます。

ジャンプらしくなく、どちらかというとマガジンらしい作品です!

それもそのはず、作者の三浦糀は以前マガジンで「先生、好きです。」を連載されていました。

ジャンプらしさがなく、面白くないと思われる方もいるでしょう。

しかし、僕はジャンプにも1作品くらいアオのハコのような恋愛漫画があってもいいと思います。

僕は毎週楽しみにしている作品なので、打ち切りだけはやめてくれ!

感想

コメディー要素が少く非常に読みやすいので、僕は結構好きな作品です。

不満なところは、恋愛漫画なのかスポーツ漫画なのか分からず、主軸がしっかりしていな点です。

恋愛漫画ならスポーツシーンはあまりいらないのでは?と思ってしまいます。

どっちつかずの漫画にはなって欲しくないですね。

ストーリー自体は面白いし、何といってもヒロインの千夏が可愛いので、全然読めちゃいます!

絵はすごく綺麗で、王道恋愛漫画として戦っていけるほど充分な作画です。

こんなにも青春を感じることができる作品は久しぶり

最近のジャンプには血まみれ作品が多いので、アオのハコにはめちゃくちゃ期待しています!

王道の恋愛漫画が好きな方におすすめの作品です。

 

-ラブコメ漫画, 漫画

© 2021 遠回りブログ Powered by AFFINGER5